uefaネーションズリーグ順位

<ウェブサイト名>

<現在の時刻>

出典: 標準

このサイトではJavascriptを使用したコンテンツ・機能を提供しています。Javascriptを有効にするとご利用いただけます。 本文へスキップします。 石川県 地震情報 閲覧支援 文字の大きさ 大 中 小 色合い 標準 A B C ふりがな 音声読み上げ Foreign Language 検索メニュー 緊急情報 閉じる 現在、情報はありません。   閉じる ジャンルから探す 防災・安全・安心 くらし・環境 教育・子育て 医療・福祉 観光・文化・ スポーツ しごと・産業 県政情報・統計 キーワードから探す 検索の方法 よく利用されるページ   目的から探す 安全・安心 申請・手続き 採用情報 バリアフリー マップ 相談窓口 県税 施設案内 石川県内市町 注目情報 新着情報 イベント情報 組織から探す 事業者向け情報 閉じる 防災・安全・安心 くらし・環境 教育・子育て 医療・福祉 観光・文化・スポーツ しごと・産業 県政情報・統計 ホーム > 医療・福祉 > 健康 > 感染症対策 > マダニによる感染症に注意しましょう 印刷 更新日:2023年11月20日 ここから本文です。 マダニによる感染症に注意しましょう  ダニ媒介感染症とは、ウイルスや細菌などの病原体を保有するダニに刺されることによって起こる感染症です。ダニ媒介感染症には、重症熱性血小板減少症候群(SFTS)、日本紅斑熱、ツツガムシ病などがあり、全国的に多くなっています。  SFTSとは  日本紅斑熱とは  ツツガムシ病とは  主なダニ媒介感染症  予防のために  医療機関の皆様へ    重症熱性血小板減少症候群(SFTS)とは    SFTSは、主にSFTSウイルスを保有するマダニ(フタトゲチマダニやタカサゴキララマダニ等)に刺されることで感染します。最近では、SFTSを発症したネコやイヌ等の動物からヒトへの感染事例も報告されています。      フタトゲチマダニ タカサゴキララマダニ  (出展:国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク)    (出展:国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク) 症状など  発症するまでの潜伏期間は6日~14日です。主な症状は、発熱、全身倦怠感、消化器症状(嘔気、嘔吐、腹痛、下痢、下血)で、ときに腹痛、筋肉痛、神経症状、リンパ節腫脹、出血症状などを伴います。重症化し、死亡することもあります(致死率10%~30%)。    SFTSは、治療に有効な薬剤がないため、対症療法が主体となります。しかし、最近、抗インフルエンザウイルス薬として承認されているファビピラビルの有効性が報告されています。 抗SFTSウイルス薬開発の進捗状況(国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク) また、予防に有効なワクチンがないため、マダニによる刺咬を防ぐことが重要です。 発生状況  SFTSは、主に西日本で発生しています。近年は増加傾向にあり、2013年以降、約900件の発生が報告されています。県内では、2015年に2件のSFTS患者が確認されていますが、それ以降は患者の発生はありません。      重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関するQ&A(厚生労働省ホームページ)(外部リンク) 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)(国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク)​​​​​​ 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の発生状況(国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク) マダニによる感染症にご注意下さい!(PDF:479KB)   ​​ 日本紅斑熱とは     日本紅斑熱は、リケッチアの一種であるリケッチア・ジャポニカ(Rickettsia japonica)という細菌を保有するマダニ(キチマダニ、フタトゲチマダニ、ヤマアラシチマダニ等)に刺されることで感染します。 症状など  発症するまでの潜伏期間は2日~8日で、頭痛、発熱、倦怠感を伴って発症します。発熱、発疹(四肢末端部)、刺し口を主要三徴侯とし、ほとんどの症例にみられます。                           日本紅斑熱でみられた発疹   日本紅斑熱でみられた刺し口          (出展:国立感染症研究所ホームページ「日本紅斑熱とは」)(外部リンク)    日本紅斑熱は、適切な抗菌薬(テトラサイクリン系など)の投与により治療が可能ですが、予防に有効なワクチンがないため、マダニによる刺咬を防ぐことが重要です。 発生状況   日本紅斑熱は広域的に発生しており、近年では毎年300件~500件程の報告があります。県内では、2017年に初めて日本紅斑熱の患者が報告されてから、毎年0件~1件で推移していましたが、2023年は3件の発生が報告されています。   日本紅斑熱とは(国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク) 日本紅斑熱について(厚生労働省ホームページ)(外部リンク) 日本紅斑熱の発生状況(国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク)    ツツガムシ病とは    ツツガムシ病は、オリエンティア・ツツガムシ(Orientia tsutsugamushi)という細菌を保有するツツガムシ(ダニの一種)に刺されることで感染します。 症状など  発症するまでの潜伏期間は5日~14日間で、全身倦怠感、食欲不振、頭痛、悪寒、発熱(39℃以上)などを伴って発症します。発熱、発疹(顔面、体感部)、刺し口を主要三徴侯とし、刺し口近くの所属リンパ節あるいは全身のリンパ節の腫脹がみられます。                                 ツツガムシ病でみられた発疹  ツツガムシ病でみられた刺し口            (出展:国立感染症研究所ホームページ「ツツガムシ病とは」)(外部リンク)    ツツガムシ病は、適切な抗菌薬(テトラサイクリン系など)の投与により治療が可能ですが、予防に有効なワクチンがないため、ツツガムシによる刺咬を防ぐことが重要です。 発生状況  ツツガムシ病は全国的に発生しており、毎年300件~500件程の報告があります。県内では、毎年0件~4件の報告があり、10月~11月にかけて多く発生しています。   ツツガムシ病とは(国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク) つつが虫病について(厚生労働省ホームページ)(外部リンク) ツツガムシ病の発生状況(国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク)    主なダニ媒介感染症  ダニが媒介する感染症は他にもあります。詳しくは、各リンクをご確認ください。   (1)石川県でも感染の報告があるダニ媒介感染症 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)(国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク) 日本紅斑熱とは(国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク) ツツガムシ病とは(国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク)   (2)その他のダニ媒介感染症 クリミア・コンゴ出血熱とは(国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク) 回帰熱とは(国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク) 回帰熱に関するQ&A(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)​​​​​​ ダニ媒介脳炎とは(国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク) ダニ媒介脳炎に関するQ&A(厚生労働省ホームページ)(外部リンク) 野兎病とは(国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク) ライム病とは(国立感染症研究所ホームページ)(外部リンク) 主なダニ媒介感染症(厚生労働省ホームページ)(外部リンク)    予防のために  予防には、マダニに咬まれないことが重要です。特にマダニの活動が盛んな春から秋にかけては、マダニに刺される危険性が高まります。草むらや藪など、マダニが多く生息する場所に入る場合には、以下のことに気をつけましょう。   (1)マダニから身を守る服装 長袖・長ズボンを着用する。 足を完全に覆う靴、帽子、手袋を着用し、首にタオルを巻く等、肌の露出を少なくする。 服は、マダニを目視で確認しやすい明るい色のものを着用する。                             (出展:国立感染症研究所「マダニ対策、今できること」)(外部リンク) (2)マダニから身を守る方法 (3)忌避剤(虫よけ剤)の利用 (出展:国立感染症研究所「マダニ対策、今できること」)(外部リンク) マダニに対する忌避剤(虫よけ剤)が、2013年から新たに認可されました。マダニの付着を完全に防ぐわけではありませんが、付着しにくくする効果があります。 (出展:国立感染症研究所「マダニ対策、今できること」(外部リンク)        マダニに咬まれてしまったら・・・  マダニ類の多くは、ヒトや動物に取り付くと、長時間(数日から、長いものは10日間以上)吸血します。吸血中のマダニを無理に引き抜こうとすると、マダニの一部が皮膚内に残って化膿したり、マダニの体液が逆流して病原体が体内に入りやすくなる恐れがありますので、医療機関(皮膚科など)で適切な処置を受けてください。  マダニに咬まれた後、数週間程度は体調の変化に注意してください。発熱等の症状が出た場合は、すみやかに医療機関を受診し、 マダニに刺されたことを医師に説明して下さい。    医療機関のみなさまへ 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関する診療の相談が可能な医療機関等について 「国立研究開発法人日本医療研究開発機構(AMED)の「重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に対する診断・治療・予防法の開発及びヒトへの感染リスクの解明等に関する研究」(研究代表者:西條政幸)」において、医療機関等からのSFTSに関する診療の相談が可能な医療機関がとりまとめられました。 SFTSは、治療法がまだ確立しておらず、早期診断および早期対応が重要であるため、治療経験のある当該医療機関への迅速な相談をお願いします。   重症熱性血小板減少症候群(SFTS)の相談体制について(PDF:92KB) 重症熱性血小板減少症候群(SFTS)に関する診療の相談が可能な医療機関等(PDF:180KB) (資料)重症熱性血小板減少症候群の有効な治療法の開発につながる臨床研究成果(愛媛大学ホームページ)(外部リンク) 関連リンク 厚生労働省ホームページ (外部リンク) 国立感染症研究所ホームページ(外部リンク)   お問い合わせ 所属課:健康福祉部健康推進課感染症対策室 石川県金沢市鞍月1丁目1番地 電話番号:076-225-1438 ファクス番号:076-225-1444 より良いウェブサイトにするためにみなさまのご意見をお聞かせください このページの情報はお役に立ちましたか? 1:役に立った 2:ふつう 3:役に立たなかった このページの情報は見つけやすかったですか? 1:見つけやすかった 2:ふつう 3:見つけにくかった 同じ分類から探す 感染症対策 肝炎対策の推進について 石川県の感染症発生動向調査(石川県感染症情報センター) 石川県感染症連携協議会について 「感染症の予防のための施策の実施に関する計画(石川県感染症予防計画)(7訂版)」(案)に対するご意見募集について 風しん抗体検査事業 新型コロナウイルス感染症について 予防接種について 肝炎ウイルス検査・相談 季節性インフルエンザについて 感染症法に基づく医療措置協定に係る事前調査について 審議会等 相談窓口について 性感染症相談・検査について インフルエンザ様疾患及び新型コロナウイルス感染症による集団感染事例 麻しん(はしか)について 咽頭結膜熱について 新型インフルエンザ等対策について エイズってなに マダニによる感染症に注意しましょう 感染性胃腸炎について 新型コロナウイルス関連情報 RSウイルス感染症について 海外へ渡航される方への感染症情報 これまでの感染状況の分析 感染リスクが高まる「5つの場面」 その他啓発資料 感染症対策の啓発資料等 レジオネラ症について 風しんについて 腸管出血性大腸菌感染症について 蚊媒介感染症について 過去の石川県の感染症情報(2017年) 過去の石川県の感染症情報(2016年) 過去の石川県の感染症情報(2015年) 過去の石川県の感染症情報(2014年) 過去の石川県の感染症情報(2013年) 過去の石川県の感染症情報(2012年) 過去の石川県の感染症情報(2011年) 過去の石川県の感染症情報(2010年) 過去の石川県の感染症情報(2009年) 過去の石川県の感染症情報(2008年) 過去の石川県の感染症情報(2007年) 過去の石川県の感染症情報(2006年) 過去の石川県の感染症情報(2005年) 過去の石川県の感染症情報(2004年) 過去の石川県の感染症情報(2003年) 過去の石川県の感染症情報(2002年) 過去の石川県の感染症情報(2001年) 過去の石川県の感染症情報(2000年) もっと見る イベントカレンダー 施設案内 県民の声 (ご意見・ご提言) サイトポリシー 個人情報保護指針 ホームページのユニバーサルデザインについて このサイトの使い方 サイトマップ リンク集 お問い合わせ 石川県 法人番号:2000020170003 〒920-8580 石川県金沢市鞍月1丁目1番地 電話番号(代表):076-225-1111 県庁案内 19階展望ロビー Copyright © Ishikawa Prefecture. All Rights Reserved. Top

スポーツギャンブル スターライト・プリンセス valorantpremier登録 casinoonline
Copyright ©uefaネーションズリーグ順位 The Paper All rights reserved.